top of page
  • 執筆者の写真KASUGA MASANORI

むし歯治療(Giomer治療)

むし歯の治療では歯を削った後は詰め物をします

昔は銀色のアマルガムという水銀の合金を詰めていましたが

現在は白い樹脂のレジンという材料で詰めて見た目にも目立たないようになっています


口の中でピカッと光を当てて固めるあれですね


実はそのレジンも色々な種類があります

当院では、『むし歯になりにくい』レジン(Giomer治療)を保険治療で使用しています


詳しいことは以下のリンクをご参照ください


むし歯は削って詰め物をした後は

詰め物の周囲からまた虫歯になってしまい、最期には歯を抜いてしまいます



しかし、詰めたレジンが周りの歯質を強化してむし歯になりにくくしてくれるので

それだけ歯が長持ちすることになります!




大切な歯を守るお手伝いのため

歯に良い治療を心掛けています!



ha・ha・ha vol.78夏号

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page